FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/10/29

2017年春学期概論発表 月曜3限班

1回生のウナスです、今回はギザの大ピラミッドについて発表しました。
エジプトで有名な建築物と言えば、大抵の人々がピラミッドと答えるでしょう。そのピラミッドのなかで最も有名なものと言ったらクフ王の大ピラミッドです。今回これらをテーマにしたのは子供のときからそれらに興味をもっていたからです。今の建築技術でも難しいにもかかわらず、約4千年以上も昔に世界の7不思議のひとつでもあるピラミッドがどのようにして作られたのか謎です。そのため記念すべき最初はピラミッドのについて調べてみました。
発表資料

はじめまして、1回生のokonomiです。今回の発表では形容詞「清し(きよし)」についてとりあげました。
先日私は選挙等でよく使用される「清き一票1」という言葉にふと疑問を感じました。その疑問とは「清き」という言葉は他の言葉でも代用出来るのではないかというものです。しかし、実際は代用出来ないようです。私も今となっては「清き一票」が最も適切であると思います。この点において新たな疑問が生まれました。それは形容詞「清し」はいつ頃から使われているかという疑問です。そこで、実際に調べてみると、少なくとも平安時代には、『源氏物語』(紫式部作)などの作品で形容詞「清し」という語が確認できました。しかし、平安時代が起源であるという確証は得ることが出来ませんでした。本概論では、形容詞「清し」の語構成を見ていくとともに、付随する関連事項を紹介します。
発表資料

1回生の川端柳です。私は若き日の藤田嗣治についての発表を行いました。
私が藤田嗣治(1886~1968)を知ったのは神戸大丸内の大丸ミュージアム KOBE で 2010年 1 月に開催された『よみがえる幻の壁面 レオナ-ル・フジタ展』で作品を観たときです。その展覧会では「乳白色の下地」といわれた独自の画風でパリ画壇にて絶賛され、エコール・ド・パリの寵児として脚光を浴びていた 1920 年代の末から展覧会名にあるように、それに続く壁面を多く手がけた1930年代、フランス国籍を取得した晩年の作品が中心でした。その後ある日私は古本市で藤田嗣治について書かれた本を見つけた。気になったのでそれを購入することにしました。読み始めると今までの藤田嗣治の絵画に対しての見方が大きく変わりました。当時パリで絶賛されていたのだが、日本でもそうなのだろうと思いきや、当時はかなり批判されたらしく、しかも近年まで正当な評価すらされていなかったそうです。どうしてなのでしょうか、81 年の生涯のうち今回はまずは画家 藤田嗣治が「乳白色の肌」と呼ば
れた独自の画風を確立するまでの時期を追ってみたいとおもいます。(今発表では第一次世界大戦直後 1920 年代前半までを扱うこととします)
発表資料

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。