--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/02/07

2016年度秋学期概論発表 木曜5限班

一回生のmoonです。今回の発表は天照大神についてです。天照大神(以後、カタカナでアマテラスと表記する。)とは、古代日本神話に登場する女性の太陽神のことで、天皇家の皇祖神として有名です。アマテラスは三重県の伊勢神宮に祀られており、日本の神社のトップに君臨する最高神だとされています。そんな伊勢神宮に参詣しようと多くの人々が訪れています。しかし、実際にアマテラスの生い立ちを詳細に語れる人は少ないのではないでしょうか。そこで今回はアマテラスについて再考し、別の側面からアマテラスを探ってみたいと思います。
発表資料

2回生のうのこです。今回は中華民国について発表しました。中華民国の状況が現在の日中関係に影響を及ぼしているのではないかと考え、今回の発表を行いました。そこで今回の発表では清代末期の状況をふまえたうえで、中華民国成立の過程を見ていきます。
発表資料

2回生の菊石です。私は簿記の歴史を発表しました。簿記は、普段の生活ではあまりなじみがないものかもしれません。しかし簿記がなければ企業の経営は成り立たないです。企業にとって簿記は大変重要な役割をはたしています。ドイツの文豪ゲーテも「簿記は、人間が生んだもっともすばらしい発明の一つだ」と述べているほど簿記はすばらしい技術といえます。古代から簿記は存在することが確認されていますが、今回は主に1200年代以降のイタリアのベニスで発展した複式簿記から会計に発展するまでを中心に簿記が発展してきた流れを中心に調べました。
発表資料
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。