--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/12/18

秋学期 概論 (木4)!

こんばんわ。1回生のとがっちと言います。よろしくです^^
今日は、12月8日に行われたボクの概論発表について報告をしようと思います。
更新が大変遅くなってしまいましたことを、どうかお許しくださいませ。

ではでは、概論の内容を簡単にまとめてご紹介いたします。
今回ボクは「浦島太郎」をテーマにいくつかのことを調べました。

まずはストーリーの変容について。
現在、私たちが知っている「浦島太郎」のストーリーは、原型ともいえる「丹後国風土記」に掲載されているものと、いくつかの相違点が見られました。以下の内容が、もっとも初期の「浦島」のストーリーです。



「水之江の浦島子という人物が釣りをしていると、亀を釣り上げる。この亀が美女に変身して、浦島子を蓬莱山(常世の国)へ招待する。三年を楽しく過ごして帰郷してみると、数百年が経過していた。浦島子は、蓬莱山での生活や、妻であった女神を想い、嘆き悲しんで歌を詠んだ。」



この中で現在との相違点として挙げられるのは、

・亀を「助ける」のではなく「釣り上げる」
・蓬莱山→不老不死の理想郷→憧れ
・嘆き悲しんで歌を詠むという結末
といった点です。

その後、室町期に発表された「御伽草子」ではほぼ現在の形になり、明治四十三年の「国定教科書」に掲載されたことで、一般に広く知れ渡るようになったとのことです。

ちなみに、ストーリーの変容に関して、時代背景や当時の思想等が関係していたかどうかなどは特に言及されていませんでした。


さらに、「浦島」にまつわる伝説や建築物などが日本各地に存在することもわかったのでそちらもいくつか紹介します。

○真楽寺(愛知県 武豊町)
 元亀元年8月に創立された寺。本堂左下に小さな石があり、浦島太郎が助けた亀の墓だと言われています。


○ウサン嶽(沖縄県 島尻郡 南風原町)
 沖縄の浦島太郎は「穏作根子」という名前です。
「おさねし」と読みが書かれているが,地元の人は「うさんし-」と呼んでいます。中に、穏作根子の墓がある。


この他にもさまざまな「浦島」スポットが日本中に存在していて非常に興味深かったです。

今回の概論は、非常に切羽詰まった状態で仕上げてしまったため、かなり内容の薄いものになってしまったことが自分の中での反省点です。もっと時間をかけてよく文献を読み、十分調べたうえで発表することを今後の課題にしたいと思います。

ここまで見て下さった方、ありがとうございました^^
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

更新お疲れさまー
浦島太郎か…実は竜宮城は!!とかいろいろな学説があって、論文も出てるはずだからそっちを調べてみるのもいいかな~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。