FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/11/28

関歴連発表会 2016秋

3回生の喜撰灯です。皆さまお久しぶりです!
寒くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

去る11月20日(日)、今年度2回目となる関西歴史サークル連合(関歴連)の合同発表会が、龍谷大学深草キャンパスで開催されました。少し遅くなりましたが、今回はその模様についてお伝えします。

まず、今回の発表タイトルは以下の通りでした。
1.ヴィシーフランス期の右翼たち(立命館大)
2.伊香連の実態(龍谷大)
3.戦国時代における伊賀衆と甲賀衆(龍谷大)
4.手伝普請(花園大)
5.楠木正成の登場と出自(花園大)
6.サラブレッドの誕生(関西大)
7.日本最古の溜池「狭山池」について(関西大)

↓↓続きは以下をご覧ください↓↓

我らが史学研からはキーファーが「サラブレッドの誕生」、moonが「日本最古の溜池「狭山池」について」を発表しました。お2人とも1回生ながら上手でよくまとまった発表をされており、質問にも的確に答えられていました。また、交配や年代測定法など、歴史的というよりは技術的な質問・感想が出ていたのも興味深かったです。
他大学のみなさんの発表もとても興味深いものばかりで、「この視点はなかったなあ」などなど、とても勉強になりました。みなさんお疲れさまでした!

今回の発表会は前回に比べて早く開始できたのですが、質問が多く出て、活発に議論が行われたため、終了が遅くなりました。しかし、前回と同様に発表者が一人少ないため、例年に比べると早く終了しています。
一方、前回の課題とした「学校を越えた交流」については、担当者それぞれが忙しく、今回も準備ができなかったため低調でした。次回からは各校とも担当者が変わるので、気分も新たにぜひやっていただきたいです。(丸投げになってしまいスミマセン…)

以上、ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。