--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/16

冬合宿2016  岡山

合宿委員の風見鶏です。皆様お久しぶりです。
大変遅れてしまいましたが、今回は先日の冬合宿について報告します。

今回の冬合宿は2/9(火)~2/10(水)の1泊2日間で、岡山県に行きました。
新大阪駅に集まり、新幹線で岡山に向かいました。


続きは以下をご覧ください↓

初日は岡山駅近くのホテルで解散し、7時間程度の自由行動でした。
私を含むほぼ全員が倉敷に行き、そこで昼食を何人かと一緒でとりました。その後、別れて美観地区を散策しました。
様々なメディアで取り上げられているだけあり外からも中からも昔ながらの日本を楽しむことができました。

散策の際には阿智神社に行きました。この阿智神社は東漢氏(やまとのあやうじ)の祖、阿知使主(あちのおみ)が祀ったと伝えられている神社で、交通交易、財宝、芸術等の御利益があるとされ、日本一大きい曙藤「阿知の藤」があります。山の上にあるので境内から美観地区を一望できました。

その後は大原美術館に向かいました。大原美術館は、倉敷を基盤に幅広く活躍した事業家でもあり日本美術のコレクターでもある大原孫三郎が、前年に死去した画家児島虎次郎を記念して昭和5年に設立した、日本で最初の西洋美術中心の私立美術館です。大原美術館はいくつかの棟に分かれておりその展示数は凄まじいもので、全て見ることができなかったのが残念です。

2日目は全体行動で、バスで岡山城へ向かいました。岡山城は豊臣秀吉に寵愛されて大大名となった宇喜多秀家が、秀吉の指導を受けて築城し、8年の歳月を費やして建造され慶長2年(1597)に完成した城です。城の外観は綺麗な白色で真新しいという印象を受けました。

全員で岡山城を見学した流れで岡山後楽園へ向かいました。後楽園の入り口から小さい坂を登るとそこには目に見える限りの美しい緑が広がっていました。…というものではなく地面がむき出しになった光景が広がっていました。ちょうど芝焼きの時に来てしまったようです。しかし、そのせいで楽しめなかったということは全くなく、後楽園の中を流れる川のせせらぎや池の景観などを直に感じ来てよかったと思えるような時間を過ごしました。

その後は4時間ほどの自由行動でした。
私は何人かと一緒に昼食をとりその後、県立博物館へ向かいました。
県立博物館では岡山県を歴史を学んだり、日本刀の重さを体験することができました。

博物館からバスで岡山駅に戻り、新幹線で流れ解散となりました。
今回、ずっと天候が気になってはいましたが、その心配は全くなく始めから終わりまで快晴でした。
流石は晴れの国ですね。

特に大きな問題もなく、無事に終わることができ安心しました。
以上、ここまでお読みいただきありがとうございました。
夏合宿もよろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。