FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/12/17

火曜4限概論発表

はじめまして、2回生のあられです。
今回私は「日本刀の魅力」というテーマで発表しました。

1.はじめに
日本刀を見て、冷たい感じ…怖い…そんな風に思う人も多いかもしれない。たしかに日本刀は武器として人を斬るために使われた歴史があり、戦争に使う道具だったことは間違いない。しかし、日本刀は武器でありながら美しさがある。私自身、昔から漫画などの影響で日本刀に興味があったが、なんとなくかっこいいと思うだけでよく知らなかったので今回調べてみることにした。


2.日本刀の歴史
鉄の刀剣は古墳時代からあるが、日本刀と呼ぶ場合は刀身に反りのついた平安中期以降のものを指す。刀剣史の上ではこの時期から室町末期までのものを古刀、桃山以降のものを新刀と呼んでいる。

古刀期…権力の所在地であった大和・山城・相州、及び良質の鉄と土と炭に恵まれた備前・美濃の五地方に刀工集団がおり、五ヶ伝と呼ばれる独自の様式を完成している。

桃山から江戸時代に入ると、城下町が建設され、物資の流通もはるかに自由に。この時期になると五地方を主とする刀工は城下町に集まった。運ばれてくる諸国の鉄や炭を用い、武士団や町衆の好みによる刀を鍛えた。五ヶ伝の様式から離れ、新しく都市の好みによる様式を完成させていった刀が新刀。


3.刀剣の種類
太刀…長さ約60センチ以上で、刃を下に向けて佩く
  刀…寸法は太刀同様。刃を上にして腰に差す
  脇差…長さ60センチ以下、30センチ以上のもの
  短刀…長さ30センチ以下のもの


4.有名な日本刀
  ■妖刀村正
   徳川家に多大な負の影響を与えたとされる。家康の祖父清康が村正の刀で惨殺されたこと、家康の長男信康が織田信長から謀叛の疑いをかけられ自刃させられた際、村正の刀で介錯が行われたことなど。
  ■三日月宗近          
   「三日月」という名前の由来は、刀身に三日月形の打除けが数多く見られることに
よる。「天下五剣」の中で最も美しいとも評される。
  ■祢々切丸
   人の手を借りることなく、自ら鞘から抜けて妖怪を斬り殺した実在する伝説の刀。刃長2.2m、全長3.4mの大太刀。
  ■鬼丸
   皇室御物である日本刀。鬼丸国綱とも呼ばれる。鬼を斬った刀といわれ、持ち主の北条時政が病に倒れた際の有名な話がある。
 
5.まとめ
  日本刀の姿形は、時代とともに大きく変化してきた。刀剣は佩用の形式や寸法によって、4種類に分けられる。また制作された歴史の中で必要性に応じて生まれ、歴史の
  思潮や様相を物語っている。

6.おわりに
  今までぼんやりとしか知らなかった日本刀について調べることができてよかった。刀
  には様々な謂われや伝説があり興味深かった。しかし、内容が薄くなってしまったので次はその点に注意してもっと詳しく調べたい。


7.参考文献
  ・大阪市立博物館「日本刀の美―大阪の愛刀120選―」76(1978)
  ・河内國平・真鍋昌生「刀匠が教える 日本刀の魅力」里文出版(2003年)
  ・公益財団法人「日本美術刀剣保存協会」http://touken.or.jp/ (2015.11.22閲覧)
  ・近藤好和「武具の日本史」平凡社(2010)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。