FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/02/18

冬合宿2015

皆さんお久しぶりです。
このたび合宿委員を引き継ぎました、1回生の喜撰の灯明です。
今回は先日の冬合宿のご報告をしたいと思います。

今年の冬合宿は2/12(木)~13(金)の1泊2日で、岐阜県・滋賀県に行きました。
当日の米原-大垣間では車窓が雪景色となっておりました。

↓続きは以下をご覧ください。

初日は大垣で解散し、6時間程度の自由行動でした。
各自関ヶ原古戦場や岐阜城、大垣城など岐阜県内の史跡を見て回りました。
私は岐阜県養老町へと向かいました。


少し寄り道をしてから、養老の滝を見に行きました。汲み水が酒に変わった、という孝子伝説で有名な滝です。案内板によると、717年に元正天皇が行幸し、養老と改元したそうです。道端に雪の残る中、山を登るのは大変でしたが、すがすがしい気分になり、来てよかったと思えました。

2日目は全体行動です。我々は滋賀県近江八幡市の安土へと向かいました。
当日、朝の大垣は雪が降っており、天候が心配でしたが…
安土に着くと雪はすっかりやんでおり、時々日差しさえありました。

安土駅から徒歩約30分、安土城跡に着きました。
木々に埋もれてはいますが、山ごと石で覆ったかのような石垣を見て、さすが信長の城、と思いました。

写真は安土城天主(の穴蔵)跡です。
ここから琵琶湖が遠くに見えましたが、築城当時は山の麓まであったそうです。
この後、正午過ぎにまた雪が降り始めました。
幸い、下山中に雪はやみ、麓では再び日が差しました。

続いて、安土文芸の里に向かい、昼食をとってから、信長の館と安土考古博物館を各自で見学しました。
信長の館では安土城の復元天主の一部(上2層)が展示されていました。屋根瓦の一部にまで金箔が施されているなど、復元通りであればとても豪華なものだったんだな、と思いました。
安土城は絵図が残っていないので、天主の復元にも諸説あるそうです。

見学を終えた4時ごろには、また雪が降っていました。ここから徒歩で安土駅に戻り、6時すぎ、無事に大阪に着きました。

以上、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。