2012/09/11

夏合宿in浜松

おはようございます。2回生のよっちです。
9/5~9/9に、浜松へ合宿しに行きました!
今回はその模様をかいつまんで報告したいと思います。

夜行バスで浜松まで行ったわけですが、着いたのが早朝5時。
その瞬間頭の中をよぎったのが、
はぁ~人もいねえ!マックもねえ!
車もそれほど走ってねえ!

という、吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」のメロディーでした。

ホテルに荷物を預けてから行動開始。
史学研伝統の自由行動でしたが、何だかんだで1回生は1回生で、2回生は2回生で固まっていたようです。
私達2回生は、富士宮市の浅間大社に行き、そのあと静岡市の登呂遺跡に行きました。

浅間大社本殿。
sengen.jpg
創建は806年といわれる、全国の浅間神社の総本社です。
富士山を神体山(ご神体)としています。(残念ながらこの日は曇りで富士山は見えず)
祭神は木花之佐久夜毘売命(コノハナサクヤヒメ)で、山の神の娘神です。

富士宮やきそばを食べたあと、静岡市の登呂遺跡へ。
toro.jpg
登呂遺跡は弥生時代後期(1世紀ごろ)の遺跡で、集落や水田の跡があることで有名です。
写真の通り、建物がいくつか復元されていて、弥生時代の村にタイムスリップしたような気持ちになりました。
博物館内には「弥生体験展示室」なるものがあり、貫頭衣を着て生活体験をすることができます。やりました。面白かったです。
マスコットキャラクターの「トロベー」が可愛い。


翌日(9/7)も自由行動だったので、2回生で航空自衛隊浜松広報館と豊川稲荷に行きました。
jieitai.jpg
無料です。自衛隊ファンとか航空機マニアの人にはたまらないんじゃないでしょうか。
「全天周囲シアター」では迫力たっぷりの映像を見ることができました。

続いて豊川稲荷。
inari.jpg
夕方だったので、写真が逆光でショボくてすいません。
1441年創建。本当は神社じゃなくて曹洞宗の寺院ですが、祀られている吒枳尼天(だきにてん、稲荷)が有名なので、「豊川稲荷」の名前が有名です。ちなみに御朱印は「豊川吒枳尼真天」で、こちらが正式名称のよう。


9/8は全体行動の日かつ最終日。全員揃って、浜松城とうなぎパイファクトリーに行きました。
hamamatu.jpg
浜松城は「出世城」の異名を持っています。歴代城主の多くが、江戸幕府の重役になったことからそう呼ばれているそうです。「天保の改革」の水野忠邦とかもいました。(失脚しちゃうけど)
家康の居城としても有名で、武田信玄との「三方ヶ原の戦い」の古戦場はこの近くです。
城内の展示(全国城マップ的なもの)で皆で盛り上がりました。

さて、次はうなぎパイファクトリー。
unagi.jpg
浜松のおみやげといえば、このうなぎパイが圧倒的なシェアを誇るらしい。北海道でいう白い恋人みたいなものでしょうか。
予想外の人の多さに驚きながらも、工場見学を楽しみました。想像以上に観光スポット化しているようです(大多数が家族連れ)。
見学するとうなぎパイがもらえます。

時間があったので、駅に戻ってから再び自由行動です。
浜松科学館と楽器博物館の二手に分かれて行動開始。ちなみに私は楽器博物館へ行きました。

琵琶。
biwa.jpg
浜松はヤマハ楽器の本社があったり他の楽器メーカーの本社もある、音楽にゆかりのある市だそうで、国産ピアノの生産も浜松が初めてだったらしいです。
そんなわけで楽器博物館の展示品も大充実でした。日本の楽器だけでなく、アジア、ヨーロッパの楽器も幅広く展示されていました。触ることはできませんが、ヘッドフォンが置いてあって、音色を聞くことができます。

夜は皆で食べたり飲んだりカラオケ行ったりして大変楽しい時間を過ごしました。
そして、朝6時に大阪駅に到着し解散。


今回は合宿委員の片割れとして参加しましたが、大きな事故も怪我もなく、無事に終わってよかったです。
参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました。
次回はもう1回生に引き継いだあとになりますが、次回も楽しい合宿になればなあと思います。
それでは、長々と書きましたが、読んでくださってありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。